INFORMATION インフォメーション

ホーム  |  最新ニュース LATEST NEWS  |  バカラについて知っておくべき5つの興味深い事実

LATEST NEWS最新ニュース

バカラについて知っておくべき5つの興味深い事実
   

ランドカジノやオンラインカジノで遊べるカードゲームはたくさんあります。その中でもバカラは、一世を風靡したエキサイティングなソーシャルカードゲームです。

 

主な目的は、カードの合計値を9またはそれに近い値にすることです。賭け方は、バンカー、プレイヤー、タイの3種類のみで、より簡単に勝つことができます。

 

このゲームには、そのシンプルさと、いくつかのビットコインカジノサイトで利用可能なことの他に、もっと知っておくべき興味深い事実があります。ここでは、そのいくつかをご紹介します。

 

最悪の手札にちなんで名づけられた 

バカラは、ゲームの中での最高の手札から名づけられたブラックジャックとは異なり、ゼロの価値を持つ、最悪の結果を意味する「バカラ」と呼ばれています。このハンドがゲーム内で出た場合、ゲームに勝つには程遠いということがすぐにわかります。

 

このゲームは当初、イタリア語でゼロを意味する「baccara」と名づけられました。このゲームは、1400年代にフェリックス・ファルギエールというイタリア人が作ったという説があります。

 

本当の発音は「ラット」と韻を踏まない

このゲームが発明されてから数世紀後、その人気はフランスに伝わりました。このゲームでは、名前はそのままに、フランス語のネイティブなアクセントで話します。このゲームの面白さは否定できないので、やがてアメリカにも伝わったと知っても、もはや驚くことはありません。

 

アメリカに渡ってからは、ほとんどの人が「バック/アー/ラット」という名前でこのゲームを知っています。しかし、ほとんどの人が知らないのは、語尾の「t」は無声であるはずだということです。ですから、このゲームの正しい発音は「バッ/クッ/ラー」なのです。

 

バカラには、いくつかの国で異なるバージョンがある

バカラゲームの原理はそのままですが、国によっては様々なアプローチをしている場合があります。その人気に伴い、いくつかの国ではゲームの呼び方に特定の用語があります。人気のあるバージョンをご存知でない方のために、いくつか例を挙げてみましょう。

 

  • バカラバンク(ヨーロッパで最も一般的に使われています)
  • シュマン・ド・フェール(フランスで使用)
  • ミニバカラ
  • プントバンコ(アメリカで最もポピュラーなもの)
  • おいちょかぶ(日本独自のバカラ)

 

その歴史は、残虐な宗教的風習にさかのぼる

バカラが遊びとして定着する以前、エトルリア神話によると、そのルーツは処女の生死を賭けた残酷な教会の風習にあると言われています。当時は、処女に9面ダイスを振るチャンスが与えられていました。

 

処女が8か9を出せば、巫女として聖油を塗ることができます。6か7が出れば、教会から追放されます。しかし、それ以下の場合は即刻処刑され、海に投げ捨てられていたとされています。

 

このコンセプトをもとに、ファルギエールはそのルールをカードに応用し、バカラを考案しました。

映画にも登場 

バカラの人気は衰えず、ハリウッド映画にも登場し、カジノで行われるシーンが何度か描かれています。そのうちの1つは、1962年の映画「ドクター・ノオ」で、有名なエージェントであるジェームズ・ボンドがバカラのテーブルでバカラゲームを楽しみ、勝利を収めました。

 

この古典的な映画以外にも、「A Hard Day's Night(ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!)」(1964年)、「Casino Royale(カジノロワイヤル)」(1967年)、「Rush Hour 3(ラッシュアワー3)」(2007年)などでバカラが登場しています。

 

これらは、バカラについて知っておくべき基本的な事実です。これらを覚えておけば、ビットコインカジノでプレイするときに、バカラについていろいろと知ることができ、誇りに思うでしょう。

INFORMATION インフォメーション
14F 11:30 - 23:00
12F 11:00 - 20:00
11F 11:00 - 23:00
10F 10:00 - 23:00
B1F-9F 10:00 - 20:00
※時間が異なる店舗がございます。
※B1Fサイゼリヤは、11:00-23:00