INFORMATION インフォメーション

ホーム  |  最新ニュース LATEST NEWS  |  日本のギャンブル: 統計と事実で見る日本のギャンブルの実態と、インターネットを通じたオンラインカジノの存続

LATEST NEWS最新ニュース

日本のギャンブル: 統計と事実で見る日本のギャンブルの実態と、インターネットを通じたオンラインカジノの存続
       

日本のギャンブルには複雑で興味深い歴史がある。日本では長年にわたって偶然のゲームを愛し、今日でも多くの伝統的なゲームが行われている。しかし、ギャンブルに対するこのような文化的親和性にもかかわらず、ギャンブルを取り巻く法的状況はかなり制限されている。この記事では、統計や事実をもとに日本のギャンブルの現状を探っていく。

日本におけるギャンブルで最も注目すべき点は、パチンコの普及である。パチンコ店は全国各地にあり、このゲームは毎年約2000億円の収益を上げていると推定されている。しかし、その人気にもかかわらず、日本の法律ではパチンコは厳密にはギャンブルとはみなされない。なぜなら、遊技者は現金ではなく、景品と交換できるメダルを獲得するからである。

日本におけるギャンブルについて議論する際に考慮すべきもう一つの重要な要素は、インターネットの影響である。オンラインカジノは日本では違法だが、それでも多くの人がギャンブルに利用している。これは、オンラインカジノゲームを提供する海外のウェブサイトに比較的簡単にアクセスできるからである。実際、最近の調査によると、日本で約360万人がオンラインカジノを少なくとも一度は利用したことがあるという。このことは、デジタル時代のギャンブル産業を規制しようとする際に、法律家が直面する課題を浮き彫りにしている。

 

日本のギャンブル法制

 

日本には、さまざまな形態のギャンブル行為を規制する複雑で厳格なギャンブル法制がある。日本のギャンブル法は、刑法と賭博営業等取締法の管轄下にある。政府の目的は、ギャンブル依存症を予防し、ギャンブルに関連する違法行為から国民を守ることである。

 

パチンコ店

 

パチンコ店は日本では合法であり、人気のある娯楽形態である。パチンコは機械ゲームの一種で、小さな金属球を機械に打ち込む。プレーヤーは、機械の特定のパターンを打つことによって賞品を獲得する。しかし、景品は店内で現金と交換することはできない。その代わり、プレイヤーは景品をトークンに交換し、近くの店に売って現金に換えることができる。

 

公営スポーツベッティング

 

公営競技の賭けも日本では合法で、競馬、競輪、モーターボート、オートバイの賭けが含まれる。日本で競馬と競輪を規制しているのは、日本中央競馬会(JRA)と全国中央競馬会(NAR)である。

 

宝くじ

 

宝くじも日本で合法的に行われているギャンブルのひとつである。政府が宝くじを運営し、その収益をさまざまな社会福祉事業に充てている。宝くじは日本で人気があり、当選確率は世界の他の宝くじと比べて比較的高い。

 

カジノ合法化

 

現在、日本ではカジノ賭博は違法である。しかし、政府は2018年にカジノ賭博を合法化する法律を可決した。この法律は、ホテル、会議場、カジノを含む統合型リゾートを最大3つまで建設することを認めている。政府は統合型リゾートがより多くの観光客を呼び込み、経済を活性化させることを期待している。

日本ではギャンブルに関する法律が厳しいが、オンラインカジノはまだ日本のプレイヤーも利用できる。多くのオンラインカジノは、オンラインギャンブルが合法である国に拠点を置いており、日本のプレイヤーはインターネットを通じてこれらのウェブサイトにアクセスすることができる。日本政府はまだこれらのウェブサイトをブロックする措置をとっておらず、多くの日本人プレイヤーがオンラインギャンブルを続けている。

 

ギャンブルの普及率と人口統計

 

参加率

 

ギャンブルは日本で人気のある活動であり、様々な形態のギャンブルが一般に利用可能である。厚生労働省の調査によると、日本で過去1年間にギャンブルに参加したことがある人は約360万人。これは日本の成人人口の約3%に相当する。

日本で最も人気のあるギャンブルはパチンコで、縦長のピンボールマシンを使うアーケードゲームの一種である。その他のギャンブルとしては、競馬、競輪、競艇が人気である。

 

年齢と性別の分布

 

厚生労働省が行った調査では、日本のギャンブルに関する興味深い人口統計も明らかになった。日本のギャンブル依存症者の大半は男性で、全体の8割を占めている。年齢別では、20代が4.5%、30代が4.2%と最も参加率が高い。

ただし、日本ではパチンコや競馬など一部の公認ギャンブルを除き、ギャンブルは違法であることに注意が必要だ。にもかかわらず、オンライン・ギャンブルは、海外に拠点を置くオンライン・カジノを通じて、日本国民がまだアクセス可能である。日本におけるオンライン・ギャンブルの普及率を推し量るのは難しいが、インターネットが提供するアクセスのしやすさから、増加傾向にあると考えられている。

 

インターネットがギャンブルに与える影響

 

オンラインカジノへのアクセス

 

インターネットの台頭により、最新オンラインカジノは日本のプレイヤーにとってより身近なものとなった。日本ではランドベースのカジノはまだ違法であるが、オンラインカジノは法律の抜け穴により運営することができる。そのため、オンラインカジノを利用する日本人プレイヤーの数は増加しており、その多くは海外のウェブサイトを利用している。

 

政府の対策

 

日本政府はオンラインギャンブル対策として、オフショアサイトへのアクセスを遮断したり、オンラインギャンブルで摘発された者に罰金を科すなどの対策を実施してきた。しかし、プレイヤーは仮想プライベートネットワーク(VPN)を利用してこれらの制限を回避することができるため、これらの対策はほとんど効果を上げていない。

 

オンラインギャンブルの動向

 

厚生労働省の調査によると、オンラインでギャンブルをしたことがある日本の成人は、2008年の3.6%から2018年には5.3%に増加している。日本で最も人気のあるオンラインギャンブルはスポーツベッティングで、次いでオンラインカジノ、競馬となっている。

日本政府がオンラインギャンブル撲滅に取り組んでいるにもかかわらず、オンラインで最新カジノへのアクセスが容易になったことで、これらのサイトを利用する日本人プレイヤーが増加している。インターネットの継続的な発展により、オンライン・ギャンブルは今後も日本で人気の娯楽であり続けるだろう。

INFORMATION インフォメーション
14F 11:30 - 23:00
12F 11:00 - 20:00
11F 11:00 - 23:00
10F 10:00 - 23:00
B1F-9F 10:00 - 20:00
※時間が異なる店舗がございます。
※B1Fサイゼリヤは、11:00-23:00